会長挨拶

2020年度のはじまりに当たって


2018年度に就任以来、あっという間に2年目が過ぎました。
この間、何とか無事に過ごすことができましたのも会員、役員、顧問の皆様、秋田県庁、県大阪事務所、各地の秋田県人会の皆様のご指導とご協力のおかげと感謝申し上げます。
今年度は役員改選の時期であり、4月に総会に代って郵送で行われた選挙投票で、あと2年の続投が決まりました。
今後も県人会を盛り立て、ふるさと秋田との橋渡し役となっていきたいと念願します。がんばります。


今回の新型コロナウィルス禍は、約150年前の黒船到来・開国、75年前の第2次世界大戦の敗戦につぐ大きな変革点だと思います。
外圧によって大きく変わって来た、言い方を換えれば外圧によってしか大きく変われなかったこの国の一大転換期に差し掛かっています。


私たちにできることは、自分の身は自分で守る、他の人にうつさないことです
当面は例年の諸行事は中止せざるを得ないことが予想されますが、会の予定や動きはこのホームページなどでお伝えしていきます。
また元気にお会いしましょう!

会 長 佐藤 寛(大仙市神宮寺出身)

このエントリーをはてなブックマークに追加