会長挨拶

2021年度のはじまりに当たって

昨年度は新型コロナウイルス禍で、男子駅伝をはじめ、総会、親睦行事などほぼすべての県人会行事が中止になりました。

広島県は、5月半ばには新規感染者数が200人を超える日が続き、緊急事態宣言地域に指定されました。

県の施策で、PCR検査の数が他地域に比べて多いという背景もあると言われています。

高齢者へのワクチン接種はこれから始まろうとしております。

全員に行き渡るまでには、まだしばらくかかるだろうと思われます。

当面は例年の諸行事は中止せざるを得ないことが予想されますが、会の予定や動きはこのホームページなどでお伝えしていきます。



新型コロナに関しては、私たちにできることは、かからない、うつさないことに尽きます。

かと言って、家に閉じ籠ってばかりいると運動不足になります。

近所を散歩するなど適度な運動をして体力の維持に努めましょう。

親睦行事がままならない現状ですが、親しい友人同士や、連絡網などを通じて、お互い声をかけ合い、安否を確認し合いましょう。

そして、また元気にお会いしましょう!

おわりになりますが、今後も県人会を盛り立て、ふるさと秋田との橋渡し役となっていきたいと念願します。

会 長 佐藤 寛(大仙市神宮寺出身)

このエントリーをはてなブックマークに追加