第24回広島男子駅伝 県選手団第一陣到着

1月16日、秋田から中学高校生選手団7人が広島入りしました。宿泊先のANAクラウンプラザホテルに、県人会有志8人が激励訪問。

17時半からホテルロビーでささやかな激励会をしました。県人会からは例年のように果物の差し入れと寸志を贈りました。これには今回レースの応援に協賛していただいた地元企業14社からの協賛金の一部が充てられています。(協賛企業名はこちら

野呂監督から、「昨年は、なまはげの世界文化遺産登録など、秋田が注目されることが多かった。この勢いに乗って頑張りたい」とあいさつ。

選手のうち竹村拓真君と高橋銀河君は過去にも出場経験があり、すでに顔なじみ。秋田弁が通じるせいなのか、初めての選手たちも緊張した感じを受けませんでした。

これから20日のレースに向けてコース試走などがあります。体調を崩さぬように注意して、本番に向けて頑張ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です